おえかきをしよう!クレヨンで遊ぶねらいや選ぶポイントについて

おえかきをしよう!クレヨンで遊ぶねらいや選ぶポイントについて 知育玩具

子供が大好きなおえかき。

保育の中でも、年齢を問わず取り入れられるのがおえかきの時間です。

子供が楽しいのはもちろんですが、おえかきをすることで子供の成長や発達に良い影響をもたらしてくれます。

しかし、年齢の低い子供には、どんなクレヨンを与えるべきなのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、クレヨンで遊ぶねらいや選ぶポイントについてまとめました。

クレヨンで遊ぶねらい

おえかき

まずは、保育におけるクレヨンで遊ぶねらいのポイントをご紹介します。

表現力・想像力を養う

年齢の低い子供は、自分の思ったことをまだ言葉でうまく伝えられません。

自分の好きな色で好きなようにおえかきすることで、言葉では表せない内面の感情や気持ちを形にして表せるようになるのです。

自己表現ができることで、子供の表現力はぐんぐん伸び、豊かな心を育むことに繋がります。

また、年齢が上がってくると自分が見たものや経験したこと、頭の中に描いた想像上のものを絵にして表せるように。

物や人を認知する能力や、実際に見たことがないものを思い描く想像力が養われます。

色彩感覚を養う

クレヨンには様々な色があり、自分で好きな色を選んでおえかきをします。

その中で、実際の物の色と結び付けて描いたり、色を混ぜ合わせて色の変化に気づいたりする経験を重ねることで徐々に色を認知していくのです。

多彩な色のクレヨンを目にすることで、色を感じ取ったり使いこなしたりする色彩感覚が養われます。

指先・脳の発達を促す

幼児期は、細かく指先を動かすことが難しく、物をつまむ・つかむなどがうまくできません。

おえかきで好きなクレヨンを選び取り、紙の上にクレヨンを走らせることで、手や指先をコントロールする力がつきます。

また、「手指は第二の脳」と言われるほど、指の神経は脳に直結しているのです。

そのため、指先を動かすことで脳にも刺激を与え、脳の発達を促す効果も期待できるでしょう。

クレヨンを選ぶポイント

クレヨン

ここでは、クレヨンを選ぶ際のポイントや安全性についてお伝えしていきます。

口に入れても安全なクレヨン

年齢の低い子供にクレヨンを与える時に心配なのが、口に入れてしまうことですよね。

誤飲を防ぐために、口に入れてしまう月齢の子供におえかきをさせる際には、必ず大人が側で見守ることが大切です。

そして子供が万が一、口に入れたり舐めたりしても安全な素材のクレヨンを選びましょう。

  • APマーク(無害マーク)が付いているクレヨン
  • 野菜や米から作られているクレヨン

などがあるので、選ぶ際の参考にしてください。

握りやすい形のクレヨン

初めてのクレヨンや、まだ鉛筆持ちができない子供には、握りやすい形状のクレヨンがおすすめです。

手の平全体で掴める丸いクレヨンや、ブロック状のクレヨンなど。

子供は手先の力加減がうまくできないので、細長い形状のクレヨンだとすぐに折れてしまいます。

折れて細かくなったものは使えないだけでなく誤飲の危険もあるため、固めで折れにくいものを与えましょう。

水で落とせるクレヨン

子供は夢中でおえかきしていると紙から飛び出したり、手や服が汚れてしまうことも。

そんな時に水で簡単に落とせるクレヨンなら、水拭きや洗濯ですぐに汚れを落とせます。

後片付けが楽でストレスなく存分に遊ばせてあげられることも、子供にクレヨンを与える上で大切なことですよね。

おすすめのクレヨン

クレヨン

それでは、実際に使ってみておすすめしたいクレヨンをご紹介します。

「ベビーコロール」という商品名で、6色セットと12色セットがあります。

持ちやすい・折れにくい

クレヨン

持つ部分が丸くなっているので、まだうまく持てない子供でも簡単に使うことができます。

力を入れやすい形で、しっかり線を引いたり円を描いたり色を塗ったり…

子供の力では折れることはほぼなく、固めの素材なので減りも遅くて長く使えます。

安心素材・設計

ベビーコロールは、科学的に安全な材料を選び抜いていてAPマークも付いているので、子供が舐めてしまっても安心。

また、先端に穴が開いているデザインで、万が一飲み込んでしまった場合でも空気が通るように設計してあります。

手や服に付いても水ですぐに洗い落とせるのも嬉しいポイントです。

形が可愛い・積み重ねられる

クレヨン

ベビーコロールは、とても可愛い形で見ているだけで癒されます。

それだけではなく、中が空洞になっているので色の組み合わせを楽しみながら積み木のような遊び方もできます。

また、円すい型なので机の上で転がりにくく、床に落ちて割れたりなくしたりする心配もありません。

まとめ

クレヨンで遊ぶねらいや選び方のポイントについてお伝えしました。

小さな子供にクレヨンを与える時には、安全で遊びやすいものが一番です。

楽しいだけでなく、子供の表現力や色彩感覚を養うことができるおえかき。

ぜひ親子でたくさんおえかきを楽しんでくださいね!

>>知育玩具についての記事の一覧はこちらです

コメント

タイトルとURLをコピーしました