子どもの心を豊かに!絵本のねらいや年齢別のおすすめ絵本を紹介

子どもの心を豊かに!絵本のねらいや年齢別のおすすめ絵本を紹介 知育玩具

保育園や幼稚園では、毎日絵本の読み聞かせの時間を設けています。

家庭でも、ゆっくりと絵本を読み聞かせる親子のふれあいタイムがあることが理想ですね。

今回は、知育における絵本のねらいや効果についてお伝えします。

年齢別のおすすめ絵本もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

絵本のねらい

絵本を見る子ども

まずは、子どもに絵本を読み聞かせるねらいや効果についてお伝えします。

言葉の習得

子どもは、耳からの情報で言葉を覚えるようになります。

絵本の中で使われる言葉は、日常的なものや親しみやすいものが多いので、繰り返し耳にすることで、言葉をどんどん吸収していきます。

そして、吸収した言葉の音やリズムを真似ることで、言葉を発し使えるようになるのです。

想像力・共感力を養う

子どもは読み聞かせの際、絵本の中の想像の世界を自由に楽しんでいます。

絵本は1つの場面を切り取って描かれていますが、その前後のストーリーを自分の頭の中で想像することができるのです。

また、登場人物の気持ちを疑似体験できるため、様々な思いを知ったり喜怒哀楽を感じたりするでしょう。

本当に自分が体験したかのように、相手の気持ちに共感する心を育むことができます。

集中力を高める

年齢の低い子や読み聞かせに慣れていない子は、最後まで物語の世界に集中することが難しいでしょう。

しかし、繰り返し絵本を読み聞かせることで、次第に最後まで聞く集中力を身につけられるのです。

集中力が高まると、他の活動においても話を最後まで聞けるようになったり、心を落ち着けることができるようになったりしますよ。

親子のコミュニケーション

絵本を読んでもらう子ども

絵本を読み聞かせる声は、子どもに安心感を与えます。

読み聞かせる中で気持ちや表情を共有したり、言葉のやりとりをしたりと、親子のコミュニケーションに繋がるでしょう。

年齢の低い子であれば、膝の上に抱っこしながら読むことでふれあいにもなりますね。

0~2歳児におすすめの絵本

0~2歳児には、

  • 言葉の繰り返しや、音のリズムを楽しめるもの
  • 絵が大きくシンプルなもの
  • 子どもにとって身近なものや好きなものがテーマ
  • 生活の中で使う言葉が多いもの

などに重点をおいて選びましょう。

しましまぐるぐる

絵本

黒・白・赤などのコントラストの強い配色の線や形は、生後6ヵ月未満の赤ちゃんでも認識できると言われています。

また、目や口がある顔の絵にも反応するので、近くで見せてあげてください。

厚さのある素材なので、やぶったり舐めて切れてしまったりする心配もなく、赤ちゃんの初めての絵本におすすめです。

だるまさんが

絵本

なじみのある「だるまさんが」のリズムに合わせて、だるまさんがいろいろな動きをする楽しい絵本です。

フレーズを覚えて一緒に口ずさんだり、だるまさんの動きを真似たりして子どもはとても喜びますよ。

温かみのある手書きのタッチも、親しみやすくて和みます。

しろくまちゃんのほっとけーき

絵本

しろくまちゃんが一生懸命ホットケーキを作るお話です。

中でも子どもが大好きなのは、ホットケーキがフライパンの上で焼けていく過程を描いたページ。

この絵本を読んだ後に一緒にホットケーキ作りを楽しめば、絵本の世界観を感じられて大喜び間違いなしです!

3~5歳児におすすめの絵本

3~5歳児には、

  • ストーリー性のあるもの
  • 子どもの興味に合うもの
  • 幅広いジャンルのもの
  • 感情移入しやすいもの

などを選ぶのがおすすめです。

くれよんのくろくん

絵本

色ごとに性格の違う、クレヨンたち。

初めは自分の好きに描いてばかりでしたが、力を合わせることでもっと素敵な絵ができあがることに気づきます。

それぞれの個性を認め合う大切さを、子どもが親しみを持ちやすいクレヨンに置き換えて伝えてくれる物語です。

ぐりとぐら

絵本

のみずみのぐりとぐらが、大きな卵を見つけて大きなカステラを作るお話。

森の動物たちが集まってみんなで食べる光景は、なんだか夢が溢れていて心が温まるストーリーです。

ぐりとぐらは、季節ごとや他のキャラクターが出てくるものなど、たくさんシリーズ展開があるのでおすすめです!

三びきのやぎのがらがらどん

絵本

小さいやぎ、中くらいのやぎ、大きいやぎが順番にトロルの潜む橋を渡るストーリー。

トロルの登場はスリル感があり、子どもをぐっと絵本の世界観に引き込みます。

それぞれの役になりきってごっこ遊びをするのも楽しいお話ですよ!

まとめ

絵本は、子どもの心を豊かにしてくれます。

忙しい毎日の中でも、親子で一緒に楽しみたい絵本の世界。

ぜひお気に入りの一冊を見つけて、繰り返し読んであげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました